20の質問

漫画

暖かくなってきたかと思えば、また寒くなりました。

こないだなんて車の上にうっすらと雪が積もっていたり。

早くポカポカ陽気が続いてほしいものです。

ある日、ボーッとしているとフォルカ氏がオーボンヌに誘ってくれました。つば競り合い大好き。

そして相変わらず出ないイヴァリース・オラクルコート。大きなリボン結びの帯が特徴的な和風装備。いつかは手に入れたいものです。

オーボンヌから帰ったあとは、なぜこんなことを言われたのかは覚えていないのですが……。

お可愛いこと。

を発端に最近ハマった漫画の話に。

それがこちら。ビッグガンガン版。

小説家になろうというサイトに投稿された小説のコミカライズです。

コミカライズされた漫画もなぜか2種類あるという謎の作品。

もうひとつがこのサンデーGX版で、ビッグガンガン版とは作画が違うのです。

原作が同じなので内容はほぼ同じなのですが、サンデーGX版だけに収録されている話もあるとかないとか。

話も面白いのでオススメなのですが、何よりビッグガンガン版のキャラが可愛い。

猫猫が可愛すぎる。里樹妃も可愛い。

ロリコン。

的なことを言われた気がしますが構いません。

だって……。

一緒に毒を嗜めるくらい可愛いんですもの。

そんな話から何がどうなったのか……。

20の質問をしよう。

となりました。

最初全く意味がわかっておらず、Twitterとかでリピの数だけ質問に答えます的なものかと思っていたのですが、そういえばこれどっかで見たことあるなと思い出すのです。

あぁ、これだ。

全てはこの漫画の説明通り。

仲が良く、相手のことを理解していれば早い段階で答えることが出来るというもの。

なぜ仲の良さを証明するようなことをすることになったのかは全く覚えておりませんが、とにかくやってみることに。

れいちょるの導きにより、アレさんの家に勝手にお邪魔してゲーム開始です。

まずはフォルカ氏。

お題はFF14の種族で、フォルカ氏が頭に思い浮かべた種族を質問によって暴くのです。

FF14の種族なんて6種類しかいないし余裕。

そして種族と聞いた瞬間、なぜかルガディンしか思い浮かばなかったんですね。しかも白いの。

初っ端の質問で革新に迫ってみます。

白いですか?

いいえ。

確信していたものが音を立てて崩れていきました。

馬鹿なっ、絶対白ルガだと思ったのに!

思い込んだものが覆されたとき、人はなかなか思考の切り替えをすることができません。

なぜだ、なぜだ……そんなことを繰り返し考えてしまうのです。

ガチムチですか?

うろ覚えですが、れいちょるがそんな質問をします。

はい。

ん??

FF14でガチムチな種族なんてひとつしかないのでは?

しかし白くはないというではありませんか。

迷宮に迷い込んだ私は光を求め質問を続けます。

パンツが似合いm

ルガディン!!

!?

いや、それはさっき否定さr

正解。

馬鹿なっ!!

私の知っているルガディンって……。

これなんだけど……。

聞けば白くないルガディンもいるらしい。

なるほど、サンシーカーとムーンキーパーみたいなものか。

納得です。

気を取り直して、次は私の番。

お題は好きなNPC。

FF14のNPCなんて星の数ほどいますからね。そう簡単には正解させませんよ。

メスッテや。

絶対メスッテや。

なんなの?その偏見。

まぁ、合ってるだけどさ。

しかしながらメスッテのNPCも数え切れないほどいます。そう簡単には正解させません。

暁にいますか?

いいえ。

ヤ・シュトラ姉さんではないのだよ。

シロちゃんっ!!

れいちょる……。

すぐに答えられて悔しいような気もするけど、よくよく考えたら早く答えがわかるってことはそれだけ相手を理解している、つまり仲がいいってことですよ。

今回は自然とFF14に限定したお題だったけど、結構楽しかったですよ。20の質問。

いや、ゲームが……というより、誰かと一緒に過ごす……これが一番楽しいんです。オンラインゲームの醍醐味ですよ。

美しい世界を一人で過ごすのも悪くないけど、仲間と一緒ならより美しさは増すよね。

麻雀ばっかりやってないで、また旅に出ようと思います。

コメント