麻雀に勝てないのは○○○のせい

FF14

麻雀に勝てません。

そもそも対戦数も42戦とまだまだなんですけどね。

レートは一時、1700目前まで行ったものの今では表示すらされない状況。

つくづく麻雀下手だなぁって思います。

言い訳させてもらうと、ありありルールに慣れていない……。

FF14もそうなのですが、ありありルールっていうのはクイタンあり、後付けありのことです。

クイタンっていうのはポンとかチーで鳴いて作るタンヤオという役。

タンヤオを漢字で書くと断么九。その字の通り么九牌(ヤオチューハイ)と呼ばれる一と九と字牌を含まない(断った)役なのです。

クイタンはまあ良いのです。

慣れないのは後付けのほう。

後付けっていうのは、鳴いたときに役を後から付けるというもの。

分かりづらいですね。

例えば手牌がこういうとき。後付けなしだとを鳴いて役を確定させないと和了ることが出来ません。

後付けありだと、とかを鳴いた後にを鳴いても和了ることが出来ます。

学生時代ずっと後付けなしでやってきたので鳴けることが出来ても見送っちゃうんですよね。

まぁ、ルールがどうとか言う以前に引きが弱いのが原因なんですけどね……。

早い段階でリーチしても和了れないなんてザラだし。むしろ、配牌がいいほうがなかなかテンパれない不思議。ダブリー(ダブルリーチ=一巡目でリーチ)なんて夢のまた夢。

う~ん、なんとか勝てる方法はないものか……。

そうだ、きっと見た目をプロっぽくすればいいんだ。

どうも、美人すぎる女流雀士まめなです。

特技は……。

轟盲牌ですっ!

冗談です。イカサマなんてしません。

とにかく、麻雀発祥の東方のオーラを纏うことでカンチャンずっぽし入ること間違いないのです。

あとはフェアリー、あなただけが頼りですよ。

惨\(^o^)/敗

コメント